top of page

憧れだったミモザのリース

更新日:2021年10月5日





庭のシンボルツリーには、心に決めた木がありました。春先に黄色い花がいっぱい咲くミモザです。


天王寺動物園のカバの近くに大きな大きなミモザがあって、たまたま目にした満開の姿に心奪われ、いつの日か庭を持つことがあれば、ぜひお迎えしたい…と憧れてました。


しかーし、夫に話したところ

「いっぱい花びらがこぼれて、掃除大変ちゃう?」との一言で、あえなく却下。

当時は庭掃除がどれほどのものか分からず、共働きでなるべく手間はかけずにいたいと思ってた私も、しぶしぶ承諾。


ハナミズキを植え、それはそれで花も葉も実も楽しめて良いのですが、心にはまだミモザがくすぶってました。


あれから数年。友人のお花屋さんがミモザのリースを作っていることを知り、反射的に「ミモザのリースください!」と注文しちゃいました。


玄関ドアに掛けてみると、これがうっとりするほど良い…。


庭木は諦めても、こうして好きな木を庭に取り入れることができるんですね。諦めないって大切。






閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page