top of page

盲点だったトイレの巾木をDIYでチェンジ!

更新日:2021年10月5日

さてさて、前回の続きを。

前回の話→巾木って必要ですか?


極細の巾木で満足できたのに、唯一失敗した部分があるんです。


それが、トイレの巾木。

何が失敗したかというと、その色。

巾木は白だったので、深緑の壁紙と黒い床から完全に浮いてしまいました(涙)






この写真撮った工事中には気づきませんでした。

か、悲しすぎる。


住んで1年くらいは、まぁ仕方ないか…と諦めていたんですが、

どーーしても気になってきて、一念発起。

「黒く塗ろう」

と、自分でやってみることにしました。


細い巾木に沿うように、マスキングテープで壁と床を保護。


階段手すりで活躍した「アイアンペイント」が残っていたので、

筆につけて塗っていきます。






使ったのはこれです。

ターナーアイアンペイント アイアンブラック(500ml)


絵の具感覚で塗れるのに、乾くと「鉄」みたいな仕上がりになる

不思議な塗料。


狭いトイレにはいつくばって作業すること、約2時間。

全部塗り終わりました!





乾燥させて(念を入れて1日放置)、ワクワクしながらマスキングテープをはがすと!


じゃーん。

巾木が黒くなって、目立ちません!!




そう、「え?どこ?」ってぐらい、存在感がないことが大切なのです。


なぜ施工前に想像が及ばなかったのか、悔やまれるところでしたが、

DIYでなんとかなりましたし、練習にもなったので、良しとしました。


ただ、塗りながら、

建てたばかりなのに「これ売るときに、ここだけ素人の施工だって言ったほうがいいのかな」と、いらんことが頭をよぎりました。




閲覧数:209回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page