top of page

ウッドプロで足場板購入!棚板を子どもと塗装



漆喰の壁に無垢床、なるべく建売っぽくない家を目指していた私たち。


1階リビングで目に入る、キッチンカウンターの天板をどうするか悩んでました。


どちらも足場板のような古材風でラフに仕上げたい。

でも、建築会社の造作では、イメージ通りにならなさそうだし、費用もかかる…。


またもや、施主支給ですね。


はい。

天板をネットで探し、塗装して施主支給することになりました。


「棚板 古材」「棚板 足場板」などで検索して、見つけました。WOODPRO様!

しかも楽天で買える。ポイントも貯まるし最高。


色んな商品がありますが、私たちが使ったのはこれ。


OLD ASHIBA天板(幅はぎ材)

足場板古材を幅方向に継ぎ合わせて幅を広くしたものです。



足場板ってラフすぎて、カウンター天板に加工するのは難しいかも…?とか

食器棚にするには、ガタつきが気になるかも?と懸念してましたが、

これなら全く問題なし!


木口を角材で補強してくれてる、写真の「縁あり(標準タイプ)」なら、見た目も造作家具みたいで、素敵になりそう。



木口側をアイアンのアングルで補強をした「アイアンエンド加工タイプ」があって、迷いましたが、タイル貼りとケンカするかも?ということで、アイアンエンドはやめときました。


その他、縁なしも選べます。




そして次は、仕上げの塗装を選びます。

・・・。塗装して納品してもらうと、約2,000円ほど安くなる。


しかもイメージ通りに仕上げるには、、無塗装で購入して、自分たちで塗装しよう!ということになりました。


正直、私は上手に仕上げられるか不安だし、一番目立つキッチンカウンターのところは、WOODPROさんに塗ってもらいたい、と思ってましたが、夫はノリノリで、色々塗料のサンプル入手しては、塗り比べたりしてました。


サイズについては、キッチンカウンターにぴったり合わせないといけないので、建築会社にサイズを確認。

こういう天板を支給したいというやり取り、調整もマメにやりました。



ということで、キッチンカウンターの天板として購入したのは、こちら。






色:無塗装

長さ指定:1570ミリ


11,146円(ポイントで全額支払い!!)

消費税、送料込み。


安くないですか?!




いざ塗装!子どもたちも興味津々です


内装工事もどんどん進んでいたので、注文して最短納期でお願いしました。

1/11注文→1/19着でした。


160cmを超えるサイズだったので、通常のヤマト運輸などではなく、西濃運輸だったので、受け取り時間の選択の幅は少なく、不在も申し訳ないので、確実に受け取れる日時を設定しました。


いざ開封〜!



おおーー!

このままでも素敵な感じで取り付けられそう。

想像していたよりも、ずっといい感じです。

期待が高まると同時に、塗装でミスったら台無し!と緊張します。


ここで、夫自作の塗装サンプル登場。

どれがいいか、検討してみます。

字が汚すぎてすみません(^_^;)



比較したのは、みつろうWAX、ワトコオイル、BRIWAXの3種類。

塗る木材は足場板のサンプルです。


ダークな色目が、床の色やアイアンのインテリアに合いそうということで、

BRIWAX(ブライワックス)に決定!


ちなみにブライオイルとは、1860年の発売以来、

ヨーロッパで最も優れた家具用ワックスとして

愛され続けるロングセラーの塗料なんです。



塗ってみると、よく伸びます。

アンティーク調に仕上がるのも、素敵。


乾いた布で少量取って、足場板を塗っていきます。

塗装というと刷毛!だと思っていた私は、布で塗った後に、

スチールウールで磨くのに、めっちゃ驚きました。


子どもの力でも戦力になります。ゴシゴシ。







そして磨いて塗ってを2回繰り返すと、このツヤ・・・!

たまりませんね。


BRIWAXは、水や熱に強いわけではないので、

キッチンカウンターの天板に、超オススメ!というわけでは正直ありません。


でも、3年経ったいまでも、色落ちなどせず、いい風合いをキープしてくれているので、

シンクやコンロ近くでなければ、それほど神経質にならなくてもいいのかなと思います。

使いたい場所に、ガンガン使っていただきたいです。



しっかり2晩ほど乾かしまして、完成!

取り付けが楽しみです。


建築会社に渡して、1週間。

現場を見に行くと、キッチンカウンターに天板が取り付けられていました。


サイズぴったり。質感もばっちり。

タイルを貼った面とツラが合うように、計算したサイズになっています。







タイルを貼ったお姿は、こちら。

職人さん、いい仕事してくれました。




DIYしたことで、家族の思い出にもなりましたし、

けっこう素人でも完成度高く仕上げることができました。

足場板はもとがラフな素材なので、多少アラがあっても目立たないのがいいところ。


そして、WOODPROさんのサポートは、

見積もり迅速、回答丁寧でとても好感が持てました。

足場板に興味をもったら、まずは問い合わせてみても良いかと思います。






閲覧数:204回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page